シミ取りQスイッチYAGレーザー(メドライトC6) | クリニーク大阪心斎橋

TEL:06-6252-2700

  • ウルセラ予約
  • お問い合わせ
  • LINE友達追加

シミ取りレーザー

ここが違う、クリニーク大阪心斎橋のシミ取りレーザー

加齢や紫外線の刺激によってできるシミには、肝斑・雀卵斑(そばかす)・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)・日光性色素斑(老人性色素斑)など様々な種類が存在します。
それぞれのシミに対して誤ったレーザー治療を行うと、期待した治療効果が出ないどころか、かえってシミが濃くなってしまう可能性もあるため、シミのレーザー治療の選択には最新の注意が必要です。

クリニーク大阪心斎橋では、シミ治療年間500例を越す熟練の皮膚科専門医師がシミの種類/重症度を丁寧に診察し、患者様それぞれに適したレーザー治療をご提案いたします。
各種のシミのうち、日光性色素斑(老人性色素斑)は加齢や紫外線などによって生じる、最も一般的なシミの1つです。
大小様々な茶褐色、境界は明瞭といった特徴があります。
30-40代頃から生じることが多く、60歳以上ではほとんどの方に認めます。
放置しておくと隆起し、脂漏性角化症(老人性いぼ)という状態になることもあるため、早めのレーザー治療をお勧めします。

クリニーク大阪心斎橋では、日光性色素斑(老人性色素斑)に対してQスイッチYAGレーザー(メドライトC6、通称シミ取りレーザー)を用いたレーザー治療を行っています。

QスイッチYAGレーザー(メドライトC6)を用いたシミ除去の特徴

QスイッチYAGレーザー(メドライトC6)

正常な皮膚の細胞にダメージを与えずメラニンに特異的に吸収されるレーザーを使用し、熱エネルギーによりシミ部位でのメラニンを破壊します。

QスイッチYAGレーザー(メドライトC6)の特徴は、1台の機械で532nmと1064nmの2つの波長を選択でき、様々な深さのシミを治療できるという特徴があります。
さらに患者様ごとの肌状態にあわせたレーザー出力を調整し、シミ治療を行っていきます。

クリニーク大阪心斎橋で使用しているメドライトC6では従来のレーザーで使用されていたガウシアン型(中心がレーザーエネルギーが最も強くなり、端にいくほど弱くなる)ではなく、トップハット型(レーザー光が照射面に対してフラットに照射される)が採用されているため、均一な照射および照射面周囲への熱障害を最小限にできると考えられています。

基本的に1回の照射で効果は十分ご実感頂けますが、場合によって期間をあけてレーザー照射を数回繰り返すことがあります。

フォトSRやSRA、レーザートーニングとった侵襲性の少ないレーザー治療や、美白剤やトラネキサム酸内服といった治療とあわせてQスイッチYAGレーザー(メドライトC6)を併用することで、効果的にシミを除去していくことが可能です。

通常のレーザービームとメドライトC6との違い

【皮膚の断面イメージ図】
【上から見たイメージ図】

クリニーク大阪心斎橋における、シミ除去の実際の流れ

STEP1 診察
シミの種類/重症度についての診察を十分に行い、治療方針を決定します。
STEP2 術前準備
レーザー照射部のお化粧を落として頂きます。照射部は局所麻酔を行います。
STEP3 レーザー照射
皮膚の反応を見ながら出力を調整していきながらレーザーを照射していきます。施術自体は5-10分程度で終了します。
STEP4 術後のケア
軟膏を塗布し、遮光テープで保護します。レーザー照射部の最終的な仕上がりを美しくするためには、レーザー照射後のケアが非常に重要です。
軟膏によりレーザー照射部を湿潤に保ち、十分な紫外線対策を行います。
STEP5 術後の診察
クリニーク大阪心斎橋ではアフターフォローまでしっかりと対応させて頂いております。
レーザー照射後1-2週間を目安に、可能な限り受診をお勧めさせて頂いております。

シミ取りレーザーQ&A

Q シミ取りレーザーが出来ないことはありますか?
A 強く日焼けしている方は皮膚へのダメージが強くなる恐れがあるため、レーザー照射が出来ない(数週間見送る)可能性があります。
その他稀ですが光過敏症の方、ペースメーカーを装着している方、悪性腫瘍の疑いのある方などは、レーザー治療が出来ないことがあります。

Q シミ取りレーザー照射部はどのような治り方をしますか?
A シミ取りレーザー照射後1-2週間程度は痂皮(かさぶた)が付着します。皮下出血が生じることがありますが、これらは自然に改善します。痂皮が脱落したあとも2~4週間程度レーザー照射部の赤みが残ることがあります(こちらも自然に良くなります)。
また、レーザー照射による刺激で炎症後色素沈着という状態になることもありますが、こちらも1-3ヶ月程度で改善することがほとんどです。
Q シミ取りレーザー照射部をきれいに治すためには?
A 照射後の自宅でのケアが非常に重要です。具体的には以下の点に注意をして下さい。
  1. かさぶたが付着している期間には遮光テープを貼付し、軟膏による湿潤環境を保ちます。
  2. かさぶたが脱落した後も、擦るといった物理適刺激や紫外線(日焼け)などによる刺激を極力避ける

料金[税別表記]

シミ取りレーザー メドライトC6
頬のシミ除去(麻酔代込み) 【1㎠ 1回】10,000円
手の甲しみ除去・範囲制限なし(麻酔代込み) 【1回】29,800円
眉のアートメイク除去・範囲制限なし(麻酔代込み) 【1回】28,700円
【5回】85,600円

施術について

施術時間 約30分~
(施術部位・施術方法により変わります)
施術前の準備 ご自宅からノーメイクの状態で来ていただくか、施術前の洗顔をお願いします
施術後の通院 なし
(切除の場合は1週間後に抜糸)
ダウンタイム 約10日間の赤み、かさぶた等
(ほくろ除去後の患部保護などについて詳しくはお問合せください)
メイク/洗顔/入浴 メイク:施術後3日後から可能
洗 顔:施術後3日後から可能
入 浴:シャワー浴であれば当日から可能

pagetop