マイクロカット式二重埋没法

TEL:06-6252-2700

  • ウルセラ予約
  • お問い合わせ
  • LINE友達追加

マイクロカット式二重埋没法

『傷がほとんど残らない強力な埋没法』としておすすめしたいのが、当クリニックで行っているマイクロカット式二重埋没法です。
過去に埋没法で二重を作ったものの、ラインが1年も持たずに取れてしまった方、またはどことなく二重のラインの入り具合が弱く、糸が取れてしまうのではないかと感じている方に推奨する施術です。
通常行う埋没法の施術に加え、ライン上に薄い切り込み線「マイクロカット」を入れることにより、二重まぶたの保持力を強化することが出来ます。

またアイプチなどで一時的に二重を作ったとき、二重ではなく三重まぶたになってしまう方は単純な埋没法のみでは二重のラインを一本線にできない場合があります。
そのような場合でもマイクロカットを入れることで自然に一本線のラインができるため、仕上がりの完成度が向上されます。
メイク感覚で受けられる大乗的なプチ整形の一種です。

モデルeyeに使用する糸と針は、一般的な埋没法に用いられるものと、それよりも更に細くダウンタイムを最小限に抑えられるタイプの2種類があります。
施術に対する緊張や恐怖心を和らげたい方は、笑気ガス麻酔(痛みが緩和されリラックスできる)や、静脈麻酔(眠った状態で施術を受けられる)の使用も可能ですので、ご相談ください。

「ダウンタイムの少ない埋没法」について詳しく

埋没法による二重の作り方

生まれつき二重の人は眼瞼挙筋(目を開けるための筋肉)とまぶたの皮膚が結合しています。
よって目を開けた時にまぶたの皮膚が内側へ折りたたまれるようにして持ち上がるので、それが二重のラインとなります。
(この結合位置が眼球に近く幅が狭い場合は奥二重になります)

一重の人は眼瞼挙筋(目を開けるための筋肉)がまぶたと結合していないため、目を開けてもまぶたが折りたたまれることはなく、表面の皮膚が垂れてのっぺりとした印象になってしまいます。
埋没法はまぶたに糸を埋め込むことにより、この二重ラインを作るのに必要な「谷折り線」を作る方法です。

医師からのコメント

過去に埋没法を受けた方で、すぐに元の状態に戻ってしまったという経験がある方は少なからずいらっしゃると思います。その原因は様々ですが、埋没法を行う際にほんの少し薄い切り込みを入れることで、二重まぶたのキープ力を強化することが可能です。
切り込みは小さく行うので、腫れなどのダウンタイムも通常の埋没法とほとんど変わりません。
二度目の埋没法をお考えの際は、マイクロカットを行って頂く方が綺麗にラインを作れるかと思います。

料金[税別表記]

マイクロカット式二重埋没法
3点固定式 + 極薄切開 【両目】75,000円
【片目】70,000円
4点固定式 + 極薄切開 【両目】105,000円
【片目】95,000円
SP3点固定式 + 極薄切開[吸入麻酔あり] 【両目】109,800円
【片目】104,800円
SP4点固定式 + 極薄切開[吸入麻酔あり] 【両目】139,800円
【片目】134,800円
SP5点固定式 + 極薄切開[吸入麻酔あり] 【両目】173,800円
【片目】168,800円
【オプション】吸入麻酔 + 6,000円
【オプション】静脈麻酔 + 79,800円

施術について

施術時間 約10分~30分
(糸の本数、静脈麻酔の有無によって変わります)
施術前の準備 ご自宅からノーメイクの状態で来ていただくか、施術前の洗顔をお願いします
施術後の通院 なし
ダウンタイム 3日~1週間の腫れ、むくみ
(内出血が起きた場合:2週間~1ヶ月)
メイク/洗顔/入浴 メイク:施術24時間後より可能
 洗顔:施術24時間後より可能
 入浴:シャワーは当日から、翌日より入浴可能

pagetop