下まぶたのたるみ取りについて

TEL:06-6252-2700

  • ウルセラ予約
  • お問い合わせ
  • LINE友達追加
  • インスタグラム

下まぶたのたるみ取り

下まぶたにたるみがあると、実年齢より上に見られてしまうことがあります。
また、たるみに加えて下まぶたに多量の脂肪が存在する場合、脂肪の重みによって更にたるみが強調されてしまい、疲れたような印象を与えてしまいがちです。
クマになって見えてしまう下まぶたのたるみをなくすことで、そういった印象を改善することができます。

たるみを取るには、目の下ぎりぎりのラインに合わせて切開を行い、余分な皮膚を除去したあとで丁寧に縫い合わせる必要があります。
縫合箇所は時間の経過と共に非常に目立ちにくくなります。
また、症状やご希望に合わせて目の下にたまった脂肪部分を一緒に除去することですっきりとした目元にすることが可能です。
脂肪はただ取り除くだけでなく、ふくらみの下の影になる部分に移動させることで、よりよい形を作ることもできます。
これをハムラ法といいます。

施術は30分程度で終了し、約1週間後に抜糸が必要になります。
二重まぶた切開法(セレブeyeなど)と併用することにより、更に目元を若々しくみせることが可能です。

二重まぶた切開法について詳しく

症例写真

医師からのコメント

下まぶたの皮膚にシワやたるみがあると、実年齢より上に見えるだけでなく、影が出来て疲れているように見えたり、メイクでカバーしきれなかったりと、様々な悩みがあると思います。
逆に、加齢によってたるみが出てきた方は、それを取り除くことで実年齢より若く見られることも十分可能です。
たるみの原因となる余分な皮膚を切り取り、目の形に合わせて綺麗に縫合するには高い技術力が必要となるため、医師の選択は非常に重要なポイントです。
クリニーク大阪心斎橋ではすべての手術を医院長である医師が責任をもって担当していますので、安心してお任せください。

料金[税別表記]

下まぶたのたるみ取り
下まぶたのたるみ取り 【両目】198,000円
【片目】175,000円
【オプション】吸入麻酔 + 6,000円
【オプション】静脈麻酔 + 79,800円

施術について

施術時間 約30分
施術前の準備 ご自宅からノーメイクの状態で来ていただくか、施術前の洗顔をお願いします
施術後の通院 約1週間後に抜糸
ダウンタイム 2~4週間の腫れ、むくみ
メイク/洗顔/入浴 メイク:抜糸3日目より可能
洗 顔:抜糸3日目より可能
入 浴:シャワーは当日から、通常入浴は抜糸3日後より可能

pagetop