ピコトーニング|クリニーク大阪心斎橋

TEL:06-6252-2700

  • ウルセラ予約
  • お問い合わせ
  • LINE友達追加
  • インスタグラム

ピコトーニング

様々な肌のお悩みにピコフラクショナル ピコレーザーによるタトゥ除去

ピコトーニング

ピコレーザーを使ったピコトーニングでは、従来一般的に使われていたQスイッチレーザーの1000分の1の”ピコ秒”という短いパルス幅での弱い出力で照射が可能なため、肌にダメージが少なく痛みの少ない治療が可能となりました。

くすみや肝斑、火傷外傷などの色素沈着等には、高いホワイトニング効果が得られるピコトーニングがお勧めです。
複数回行うことで、くすみやシミを取ると同時に、お肌全体のホワイトニングや毛穴対策に効果的です。

通常のレーザートーニング(メドライトC6)に比べて早く、
肌にも優しく、高いホワイトニング効果が得られます。

ピコトーニング

  • こんな方にお勧めです!
  • 〇肝斑が濃くなってきた
  • 〇くすみやシミがお化粧で隠せない
  • 〇火傷や外傷などの色素沈着を治したい
  • 効果が得られるもの
  • 〇肝斑(くすみ)
  • 〇真皮性肝斑
  • 〇火傷、レーザー、外傷などの色素沈着
  • 〇太田母斑
  • 〇後天性真皮メラノサイトーシス
  • 〇蒙古斑 など

肝斑とは?

肝斑とは、主に両ほほ、目尻の下あたりに左右対称にできるシミの一種で、30~40代で出てくることが多く、はっきりとした輪郭が無く薄褐色に広がっているケースが多いのが特徴です。通常のシミと思って対処すると悪化することがるので、注意が必要です。

クリニーク大阪心斎橋の美肌ピコレーザー治療

ニキビ跡やシミ・肝斑など肌の悩みに幅広く効果を発揮するピコレーザー

色素を細かく破壊するピコレーザー

しみやあざなどの色素には様々な大きさがあります。レーザートーニングでは色素を破壊することで除去していくのですが、ピコレーザーを使ったトーニングでは、従来のナノ秒のパルス幅のレーザーよりもさらに短いパルス幅で照射できるので、色素を細かく破壊することでシミやくすみ(肝斑)、あざなどの色素沈着をきれいに消すことができます。

痛みが少なくお肌に優しい

レーザーを照射すると熱が発生し、その熱が周囲に影響し痛みが発生します。
照射する時間が長いほど、より熱が発生し痛みが大きくなります。
ピコレーザーではパルス幅”ピコ秒”という非常に短いパルス幅での発振が可能なため、色素の粒子を少ない照射時間で細かく破壊することができます。それにより、熱の発生が少なく、肌へのダメージが少なく痛みが軽減されました。

ピコトーニングでよくあるご質問

Q ピコトーニングにダウンタイムはありますか?
A ピコトーニング治療直後は多少の赤みがでますが、すぐにひいていきます。メイクをしてご帰宅いただけます。クリニーク大阪心斎橋ではメイクルームをご用意していますので、そちらをご利用下さい。
Q ピコトーニングの治療時間はどれくらいですか?
A ピコレーザーによるトーニングの治療時間は、15分~20分程度です。
Q 治療前後で注意することはありますか?
A ピコトーニング治療直後は紫外線によるダメージを受けやすくなっていますので、日焼けは厳禁です。日焼け対策をして注意してください
Q 肝斑にレーザー治療はいけないと聞きますが大丈夫?
A 通常のレーザー治療では逆に濃くなる可能性があることから、よく肝斑にレーザー治療は逆効果と言われますが、ピコレーザーを使ったピコトーニングでは肝斑の治療が可能です。

料金[税別表記]

ピコレーザートーニング
初回お試し価格\12,000-
2回目以降\15,000-

施術について

施術時間 約10分~20分程度
※照射範囲によって変わります。
施術前の準備 メイクを落としていただきます。
施術後の通院 症状の状況により有
ダウンタイム 赤味が出ることがあります。
メイク/洗顔/入浴 メイク:当日より可能
洗 顔:当日より可能
入 浴:当日より可能

pagetop